一新塾は、新しい日本を創造するネクストリーダー養成学校です。1994年に大前研一を創設者として開塾いたしました。塾生・卒塾生は20代から60代まで、全国で4600名、「政策提言」「社会起業」「市民活動」の方法論を学びながら、仲間とプロジェクトを立ち上げるサポートを得られます。一新塾で講師をされていた「せんだい・みやぎNPOセンター」を立ち上げられた 故・加藤哲夫さんに後押しをいただき、2012年から仙台でも講座をさせていただいています。一新塾で育まれた「誰もが志を生きられる知恵」が東日本大震災後の東北で少しでもお役に立てればとの思いで、スタートしました。3年半の間に仙台では、100名近くの方にご参加いただき、地域の問題解決(介護・子育て・まちづくり等)や新しいコミュニティの創造のプロジェクトが続々と誕生しています。また、社会起業家や、議員も輩出しています。「一新塾体験セミナー&説明会」では、一新塾代表理事・事務局長の森嶋伸夫より、一新塾生が21年間積み上げてきた挑戦の歩みをお伝えさせていただきます。また、一新塾OBOGの実践例もご紹介させていただきます。さらに、社会変革の“理念”と“実践”が学べる一新塾第38期(2016年5月29日開講)のプログラムをご紹介させていただきます。人生と社会を変える新しいチャレンジの一歩を踏み出すお手伝いをさせていただければ嬉しいです。----------------------------------------------------------------------------日 時:2016年5月5日(木祝) 13:00~15:45   テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」     ~社会起業・政治政策・NPOで未来創造!~講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)会 場:「仙台市民会館」住所:仙台市民会館   (地図)→ http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm参加費:無料お申込:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html主な内容: ●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?●未来創造の先駆者より社会のテーマを学ぶ~30人の講師陣 ●ゼロベースでビジョンを描くには?●仲間と共に現場主義を生きる方法●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い●「根っこ」(志)と「幹」をつなげる『問題解決フレームワーク6つの箱』とは?●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!●質問タイム----------------------------------------------------------------------------
一新塾は、新しい日本を創造するネクストリーダー養成学校です。1994年に大前研一を創設者として開塾いたしました。塾生・卒塾生は20代から60代まで、全国で4600名、「政策提言」「社会起業」「市民活動」の方法論を学びながら、仲間とプロジェクトを立ち上げるサポートを得られます。一新塾で講師をされていた「せんだい・みやぎNPOセンター」を立ち上げられた 故・加藤哲夫さんに後押しをいただき、2012年から仙台でも講座をさせていただいています。一新塾で育まれた「誰もが志を生きられる知恵」が東日本大震災後の東北で少しでもお役に立てればとの思いで、スタートしました。3年半の間に仙台では、100名近くの方にご参加いただき、地域の問題解決(介護・子育て・まちづくり等)や新しいコミュニティの創造のプロジェクトが続々と誕生しています。また、社会起業家や、議員も輩出しています。「一新塾体験セミナー&説明会」では、一新塾代表理事・事務局長の森嶋伸夫より、一新塾生が21年間積み上げてきた挑戦の歩みをお伝えさせていただきます。また、一新塾OBOGの実践例もご紹介させていただきます。さらに、社会変革の“理念”と“実践”が学べる一新塾第38期(2016年5月開講)のプログラムをご紹介させていただきます。人生と社会を変える新しいチャレンジの一歩を踏み出すお手伝いをさせていただければ嬉しいです。----------------------------------------------------------------------------日 時:2016年4月3日(日) 13:00~15:45   テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」     ~社会起業・政治政策・NPOで未来創造!~講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)会 場:「仙台市民会館」住所:仙台市民会館   (地図)→ http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm参加費:無料お申込:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html主な内容: ●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?●未来創造の先駆者より社会のテーマを学ぶ~30人の講師陣 ●ゼロベースでビジョンを描くには?●仲間と共に現場主義を生きる方法●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い●「根っこ」(志)と「幹」をつなげる『問題解決フレームワーク6つの箱』とは?●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!●質問タイム----------------------------------------------------------------------------
来年の夏に今からなら間に合う。都度払い・定額l制 最新マシン使用ワキ 525円、Sパーツ 1,575円、Lパーツ3,675円の新しい脱毛サロン。都度払いなのでしつこい勧誘や面倒な契約はナシ。予約の取れる脱毛サロンです。スタッフも効果に驚きの顔シミやシワ、にきびあとにも効果のある光フェイシャルも承っております。完全個室5部屋完備です。お気軽にお電話ください。
Team WE ARE ALL ONEは、東北復興支援をきっかけにより結成した須藤元気率いるボランティアチームです。被災地は今も圧倒的に人手が足りません。復興への道のりは遠く険しいです。しかし、明けない夜はないのです。ただ、待っているだけでは昨日と同じ明日しか来ません。Team WE ARE ALL ONE は、今後も継続的な被災地復興支援活動に取り組んでまいります。「自分が変われば世界が変わる」開催日: 2011/07/22, 2011/07/23, 2011/07/24開催時間: 22時00分~22時00分開催日時に関する備考: 1日目: 7月22日(金)午後23時出発(新宿駅近郊を予定)※車中泊※2日目: 7月23日(土)午前9時~16時(作業) ※テント泊※3日目: 7月24日(日)午後10時(新宿駅近郊で解散予定)※道路状況等によって帰還時刻が遅延する場合があります。会場名: 宮城県(活動地は現在検討中)会場住所: 宮城県気仙沼市URL: http://www.genki-tohoku.net/料金: 有料※参加費1万円問合せ電話番号: 090-3608-8375 (Team WE ARE ALL ONE事務局)
大震災の復興支援と献血推進を目的に、GTFグレータートウキョウフェスティバルと日本赤十字社「LOVE in Action」がタイアップし、Kスタ宮城で3000食の炊き出しを行う。NHKドラマ「てっぱん」でお好み焼きの調理指導にあたった佐竹佐知子氏による「お好み焼き(米粉入)、その他「季節野菜と米粉のクリームシチュー」「アサリとカツオの深川飯」「トマトとお米のパスタ」などが無料でふるまわれる。開催日:6月14日 開催時間:15時00分~20時00分 ※3000食の炊き出しが無くなり次第終了会場名:日本製紙クリネックススタジアム宮城会場住所:宮城県仙台市宮城野区宮城野2丁目11−6料金:無料URL:http://www.gtf.tv/blog/users/100sen/?special=eventblog&eventblogid=180&ebitemid=5964問合せ電話番号:03-3222-6262 (GTFグレータートウキョウフェスティバル事務局)
被災者の方々に少しでも元気になってもらえるように宮城県内で活動しているプロ・アマチュアのアーティストが白石城に集結。みんなで歌と元気を被災地へ届けよう! 当日は飲食ブースやチャリティーブース、寄書きアートブースもあり。※飲食ブースの売り上げの一部は寄付金へ。開催日: 2011/06/11開催時間: 10時30分~15時00分開催日時に関する備考: 会場名: 白石城本丸公園会場住所: 宮城県白石市益岡町1-16URL: http://www.shiroishi-jc.com/611/料金: 無料問合せ電話番号: 0224-24-4555 (社団法人白石青年会議所)
 このたびの東北地方太平洋沖地震において被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。被災された皆さまへ心からお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。 株式会社ウィルコムでは、追加支援策として被災地の医療機関さまに、PHS電話機の無料貸出を実施することになりました。申し込み方法などの詳細は、以下の通りとなります。■ PHS電話機無料貸し出しについて被災者受け入れ等で、緊急に電話を必要とする医療機関さまに対して、ウィルコムのPHS電話機を無料で貸出いたします。病院内外での緊急連絡用や災害復興支援活動用としてご活用いただければ幸いです。<貸出の適用範囲>医療提供施設<貸出を希望する場合>貸出希望者は、数量、使用目的、期間などを事前に申請いただきます。なお、貸し出しにあたりご本人の確認をさせていただきます。<貸出期間>最長で3ヵ月とさせていただきます。ご希望の方は下記窓口へお電話でお申込みください。オペレータへ「緊急貸し出し申し込み」とお伝えください。・ウィルコム法人ダイレクト0120-716-156(平日9:00~18:00) ・お貸し出し台数は1医療提供施設さまにつき10台までとさせていただきます。 ・お貸し出し期間は3ヵ月までとさせていただきます。 ・PHS電話機無料貸し出しは、ウィルコムプラザ、店頭では受付しておりません。 ・期間中に発生した基本料/通話料等は請求いたしません。ウィルコムのPHSや、他社携帯電話、固定電話・IP電話への発信については、無料ですが(国内通話に限ります)、海外への通話や有料情報ダイヤルなどへの発信については後日ご請求させていただく場合がございます。 ・各運送会社の引き受け状況により、配送先のご変更をお願いする場合がございます。また配達遅延の影響により納品が遅れる場合がございます。 ・現在も地震や津波による基地局損傷、電力不足によりご利用できない地域もございます。PHS貸し出し機においてもご利用できない場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。ソース:ウィルコム
西日本のみなさまへお願いです。被災者の気持ちを汲んでいただき、大変ありがたく思います。でも、自粛ムードに巻き込まれてイベントの中止や経済活動に関わる自粛をすることをすることで東日本を救うことはできません。大切なのは、被災者を気にかけて頂いた上で行動することです。例えば、イベント開催において、義援金箱を設置していただいたり、開催時において震災で亡くなってしまった方々への敬意を示していただいたりするだけで、懸念される事案が緩和されます。自粛する「だけ」では東日本や被災された方を救うことはできません。西日本は東日本と違い、電力で制約されたり、ライフラインで制約されることはありません。たくさん、働いて、たくさん楽しんで、そして、ふとしたときに被災された方のことを思ってくださればそれで結構なのです。中には、理解を示さず「自粛しろ」とか「不謹慎だ」とクレームをつけてこられる方も少々いらっしゃると思います。でも、自粛するだけでは何にもならないことをお伝え下さい。理解者を増やすことが大切です。経済が回らなければ、皆共倒れします。西日本の皆様は自粛ムードを打破して、その活気を東日本に届けてください。お願いいたします。
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○多賀城市災害ボランティアセンター  多賀城市中央2-1-1(社協2F)  TEL 080-5949-7501  ※現在は、地元のボランティアで対応しています。市外の皆様には、改めてお知らせします。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○利府町災害ボランティアセンター  宮城郡利府町中央2-11-1  TEL 022-356-9060  ※ボランティアは県内限定で募集しております。   時間 午前9時~午後4時  ※ボランティア活動の際は、長靴、軍手、カッパ等をご持参下さい。   ボランティア活動は、食事・移動手段・宿泊等、自分で準備が基本となります。   以上をクリアできる、元気な方をお待ちしています。 ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○東松島市災害ボランティアセンター  東松島市小松字上浮足256-1(東松島市保健相談センター2F)  TEL 0225-83-5001 ※現在は、市内のボランティアで対応しています。市外の皆さまには、改めてお知らせいたします。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
津波の被災地周辺ではボランティアと称した車上荒らしや、金品目的の物色、ガソリン抜き取りなどを行う盗人が増加しているようです。不審な動きが見受けられましたら迷わず自警団や地元警察に通報お願いします。通報後は、不審者が逃げないよう監視を続けてください。人員がそろい次第捕まえるようにお願いします。これから避難所などで窃盗や詐欺など様々な犯罪が発生する可能性も考えられます。注意しても必ず犯罪行為を繰り返すので、出来心でも社会的制裁を与える必要があります。犯罪行為を見逃さないようお願いいたします。ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000551-san-soci
3月22日14時10分仙台市営バス運行情報仙台市交通局から3月22日(火)以降の市営バスの運行計画についてのお知らせです。・主要幹線路線を6時30分から20時30分まで、概ね30分~1時間の間隔で運行します。・給油待ち駐車等による渋滞のため迂回運行するときがあります。ご了承ください。[北方面]▼(地)八乙女駅~虹の丘入口経由~仙台駅・八乙女発6:30~20:00まで概ね30分間隔・仙台駅発7:15~20:30まで概ね30分間隔▼実沢(営)~泉ビレジ~中山・北仙台経由~仙台駅・実沢(営)発6:30~19:30まで概ね15分~30分間隔・仙台駅発7:30~20:30まで概ね15分~30分間隔▼住吉台~(地)泉中央駅・住吉台発6:30~19:30まで概ね15分~30分間隔・泉中央発7:00~20:30まで概ね15分~30分間隔▼旭ヶ丘~宮町経由~仙台駅・旭ヶ丘発6:30~19:30まで概ね1時間間隔・仙台駅発7:15~20:30まで概ね1時間間隔▼桜ケ丘~北仙台経由~仙台駅・桜ケ丘発6:30~19:30まで概ね15分~30分間隔・仙台駅発7:15~20:30まで概ね15分~30分間隔▼西中山~中山・山手町経由~仙台駅・西中山発6:30~19:30まで概ね30分~1時間間隔・仙台駅発7:25~20:30まで概ね30分~1時間間隔▼西中山~川平・北仙台経由~仙台駅・西中山発6:45~19:00まで概ね30分~1時間間隔・仙台駅発7:45~20:05まで概ね30分~1時間間隔 ※西中山~川平・山手町経由~仙台駅は運行を取りやめます。[南方面]▼八木山南~愛宕大橋経由~仙台駅~交通局大学病院前・八木山南発6:30~20:30まで概ね15分~30分間隔・交通局発7:00~20:30まで概ね15分~30分間隔▼長町(営)~長町駅経由~南仙台駅東口・長町(営)発6:30~20:30まで概ね30分間隔・南仙台東口発6:30~20:30まで概ね30分間隔▼長町(営)~長町駅経由~南仙台駅東口~四郎丸・長町(営)発6:45、10:15、13:45、17:15・四郎丸発7:45、11:15、14:45、18:15▼長町(営)~長町南駅経由~恵和町・長町(営)発6:30~20:30まで概ね30分間隔・恵和町発6:30~20:30まで概ね30分間隔[東方面]▼岩切駅前~(利府街道)~東仙台(営)~原町経由~仙台駅(18番のりば)~交通局大学病院前・岩切駅前発6:50~18:15まで概ね1時間間隔・交通局発8:05~19:35まで概ね1時間間隔▼東仙台(営)~原町経由~仙台駅(18番のりば)・東仙台(営)発6:30~20:00まで概ね1時間間隔・仙台駅発7:20~20:30まで概ね1時間間隔▼東仙台(営)~中江経由~仙台駅・東仙台(営)発6:30~19:45まで概ね30分~1時間間隔・仙台駅発7:20~20:30まで概ね30分~1時間間隔▼鶴ヶ谷~原町経由~仙台駅・東仙台(営)発6:30~20:30まで概ね30分間隔・仙台駅発6:30~20:30まで概ね30分間隔▼霞の目(営)~志波町経由~仙台駅~交通局大学病院前・霞(営)発6:30~19:30まで概ね30分間隔・交通局発7:25~20:30まで概ね30分間隔▼霞の目(営)~大和町経由~仙台駅~交通局大学病院前・霞(営)発6:30~19:30まで概ね30分間隔・交通局発7:35~20:30まで概ね30分間隔▼霞の目(営)~遠見塚経由~仙台駅~交通局大学病院前・霞(営)発6:30~19:30まで概ね30分間隔・交通局発7:40~20:30まで概ね30分間隔▼霞の目(営)~古城三経由~仙台駅~交通局大学病院前・霞(営)発6:30~19:30まで概ね30分間隔・交通局発7:30~20:30まで概ね30分間隔▼東高校入口~若林経由~仙台駅~交通局大学病院前・東高校発6:50~19:30まで概ね30~1時間分間隔・交通局発7:55~20:30まで概ね30~1時間分間隔▼陸前高砂駅~原町・仙台駅(18番のりば)経由~交通局大学病院前~川(営)・陸前高砂駅前発6:30~20:30まで概ね30分~1時間間隔・川(営)6:30~20:30まで概ね30分~1時間間隔(20:30発は交通局大学病院前発)※霞の目(営)~若林経由~仙台駅~交通局大学病院前は運行を取りやめます。[西方面]▼川内(営)~広瀬通経由~仙台駅・川内(営)発6:30~19:45まで概ね30分間隔・仙台駅発7:10~20:30まで概ね30分間隔▼青葉台~宮教大・工学部~青葉通経由~仙台駅・青葉台発7:40~19:40まで概ね1時間間隔・仙台駅発7:00~20:15まで概ね1時間間隔▼国見ヶ丘三丁目~貝ヶ森経由~仙台駅・国見ヶ丘三丁目発6:30~19:30まで30分~1時間間隔・仙台駅発7:25~20:30まで30分~1時間間隔▼国見ヶ丘一丁目~南吉成経由~仙台駅・国見ヶ丘一丁目発6:30~19:15まで30分~1時間間隔・仙台駅発7:00~20:30まで30分~1時間間隔▼白沢~国道48号線・八幡町経由~仙台駅・白沢車庫発6:00~19:30まで30分間隔・仙台駅発6:30~20:30まで30分間隔▼作並温泉~白沢車庫~国道48号線・八幡町経由~仙台駅・作並温泉元湯7:40、9:40、11:40、13:40、15:40・仙台駅発9:00、11:00、13:00、15:00、17:00▼茂庭台~西花苑・折立・西道路経由~仙台駅・茂庭台一丁目発6:30~19:30まで30分~1時間間隔・仙台駅発7:30~20:30まで30分~1時間間隔▼大國神社~みやぎ台・八幡町経由~仙台駅・大國神社発6:30~20:00まで概ね2時間間隔・仙台駅発7:30~20:00まで概ね2時間間隔▼畑前北~赤坂・八幡町経由~仙台駅・畑前北発6:30~19:00まで概ね2時間間隔・仙台駅発7:30~20:30まで概ね2時間間隔(20:30発は赤坂三丁目泊まり)※川内(営)~青葉通経由~仙台駅は運行を取りやめます。ソース:NHK
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。  ○美里町災害ボランティアセンターこごた・なんごう・小牛田 遠田郡美里町北浦字駒米13番地(美里町文化会館前)     TEL 080-1695-2913・南郷 遠田郡美里町木間塚字中央1番地(美里町南郷庁舎内)     TEL 080-1695-2915【地域サブセンター】・大崎市災害ボランティアセンター 古川地域サブセンター  大崎市古川南町1-6-2(大崎市口腔保健センター内)・大崎市災害ボランティアセンター 松山地域サブセンター  大崎市松山千石字広田11・大崎市災害ボランティアセンター 三本木地域サブセンター  大崎市三本木字大豆坂24-3・大崎市災害ボランティアセンター 鹿島台地域サブセンター  大崎市鹿島台平渡字上敷19-7・大崎市災害ボランティアセンター 岩出山地域サブセンター  大崎市岩出山字下川原町100-8・大崎市災害ボランティアセンター 鳴子地域サブセンター  大崎市鳴子温泉字末沢1・大崎市災害ボランティアセンター 田尻地域サブセンター  大崎市田尻沼部字富岡166※各サブセンターの受付時間、活動時間等は本部と同じです。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。  ○亘理町災害ボランティアセンター  亘理郡亘理町字旧館62-1  TEL 090-4076-1906  ※町内在住の方のみボランティアを受け入れます。【地域サブセンター】・大崎市災害ボランティアセンター 古川地域サブセンター  大崎市古川南町1-6-2(大崎市口腔保健センター内)・大崎市災害ボランティアセンター 松山地域サブセンター  大崎市松山千石字広田11・大崎市災害ボランティアセンター 三本木地域サブセンター  大崎市三本木字大豆坂24-3・大崎市災害ボランティアセンター 鹿島台地域サブセンター  大崎市鹿島台平渡字上敷19-7・大崎市災害ボランティアセンター 岩出山地域サブセンター  大崎市岩出山字下川原町100-8・大崎市災害ボランティアセンター 鳴子地域サブセンター  大崎市鳴子温泉字末沢1・大崎市災害ボランティアセンター 田尻地域サブセンター  大崎市田尻沼部字富岡166※各サブセンターの受付時間、活動時間等は本部と同じです。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。  ○仙台市青葉区災害ボランティアセンター  仙台市青葉区堤町1-1-5(青葉体育館)  TEL(ボランティアの要請)  022-272-1574     (ボランティア活動希望) 現在調整中【地域サブセンター】・大崎市災害ボランティアセンター 古川地域サブセンター  大崎市古川南町1-6-2(大崎市口腔保健センター内)・大崎市災害ボランティアセンター 松山地域サブセンター  大崎市松山千石字広田11・大崎市災害ボランティアセンター 三本木地域サブセンター  大崎市三本木字大豆坂24-3・大崎市災害ボランティアセンター 鹿島台地域サブセンター  大崎市鹿島台平渡字上敷19-7・大崎市災害ボランティアセンター 岩出山地域サブセンター  大崎市岩出山字下川原町100-8・大崎市災害ボランティアセンター 鳴子地域サブセンター  大崎市鳴子温泉字末沢1・大崎市災害ボランティアセンター 田尻地域サブセンター  大崎市田尻沼部字富岡166※各サブセンターの受付時間、活動時間等は本部と同じです。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○大崎市災害ボランティアセンター  大崎市古川南町1-6-2(大崎市口腔保健センター内)  ボランティア要請受付時間 午前9時~午後5時  ボランティア活動時間   午前9時30分~午後3時30分  TEL 090-6853-1093      090-6853-1094※主なボランティア活動については、上記の受付電話番号でご確認願います。【地域サブセンター】・大崎市災害ボランティアセンター 古川地域サブセンター  大崎市古川南町1-6-2(大崎市口腔保健センター内)・大崎市災害ボランティアセンター 松山地域サブセンター  大崎市松山千石字広田11・大崎市災害ボランティアセンター 三本木地域サブセンター  大崎市三本木字大豆坂24-3・大崎市災害ボランティアセンター 鹿島台地域サブセンター  大崎市鹿島台平渡字上敷19-7・大崎市災害ボランティアセンター 岩出山地域サブセンター  大崎市岩出山字下川原町100-8・大崎市災害ボランティアセンター 鳴子地域サブセンター  大崎市鳴子温泉字末沢1・大崎市災害ボランティアセンター 田尻地域サブセンター  大崎市田尻沼部字富岡166※各サブセンターの受付時間、活動時間等は本部と同じです。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○仙台市太白区災害ボランティアセンター  仙台市太白区富沢一丁目4番1号(仙台市体育館 第二競技場)  お問い合わせ対応時間 午前9時~午後4時  ボランティア活動時間 午前9時~午後3時  TEL(ボランティア活動の希望)022-244-1794                  022-244-7728  TEL(ボランティアの要請)  022-244-7801                  022-244-7804                  022-244-7821※避難所支援、家屋の後片付け・移動、粗大ゴミの片付け等の地域住民のニーズに対して支援を行います。※現在のところ、避難所支援がボランティア活動の中心になっていること、また、受入体制が整っていないことから、市内在住の方を中心に募集しております。直接ボランティアセンターにお越しください。□物資が不足していることから、ビニールひも、ゴム手袋、ごみ袋、チリトリ、軍手、皮手袋、どのう袋、バケツ、段ボール等をなるべく持参くださるようご協力お願いします。□健康管理には十分配慮して活動してください。また、食事、宿泊場所等はご自身で確保お願いいたします。   ○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○名取市災害ボランティアセンター  名取市増田字柳田250番地(市民体育館)  TEL 022-784-3040(代表)  ※ボランティアができる方は上記代表電話にご連絡願います。  ※できれば自転車で来ることが可能な方を希望します。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○柴田町災害ボランティアセンター  柴田町大字船岡字中島68(柴田町地域福祉センター内)  TEL 0224-58-1771  ※ボランティアは町内限定です。ご希望の方はボランティアセンターにお越し願います。  ※炊き出しのボランティアは募集しておりません。自衛隊と町内会で対応しております。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○塩釜市災害ボランティアセンター  塩釜市東玉川町9-1(塩釜市交流センターエスプ)  TEL 080-1679-8989○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
仙台市内のきょう(18日)の医療機関の情報です。平常通り患者を受け入れているのは▼青葉区にある仙台逓信病院と仙台社会保険病院です。JR仙台病院は、耳鼻咽喉科と婦人科、眼科、それに泌尿器科は休診ですがそれ以外は平常通りです。広瀬病院も通常通りの診察を行っていますが、救急は内科の軽症の患者のみ受け入れています。▼若林区にある仙台市急患センターは内科、小児科、外科に限って午後7時15分から午後11時まで患者を受け入れています。▼太白区にある仙台赤十字病院はほぼ平常通り、宮城社会保険病院は平常通りですが救急の患者は軽傷から中程度まで受け入れています。▼泉区にある仙台徳洲会病院は夕方の診療は休診ですが、救急の患者は、軽症に限って24時間、対応しています。▼宮城県庁前に設けられた日本赤十字社の診療テントは24時間態勢で診察を行っています。このほかの病院を地域別に見ますと、▽青葉区では▼東北大学病院は重症と救急の患者を優先していて、通常の外来は当面休みです。▼東北労災病院は軽症から中程度までと救急の患者を優先しています。▼東北公済病院は重症の患者以外診療が可能で、午前8時から午前11時まで受け付けています。▼仙台厚生病院は救急の患者が優先で、診療科は循環器と呼吸器、消化器のみです。▽宮城野区では▼仙台オープン病院は軽症から中程度の患者に限って受け入れています。▼自衛隊仙台病院は24時間態勢で軽症のみの受け入れです。▼中嶋病院は軽症から中程度のみです。午後6時から午前0時までは軽傷の救急患者のみ受け入れています。▼東北公済病院宮城野分院はかかりつけの患者だけ受け付けます。▼仙台医療センターは中程度以上の救急の患者のみ受け付けます。▼東北厚生年金病院は予約患者の投薬のみです。 ▽若林区では▼仙台市立病院は重症の患者が優先で、平日の一般外来は麻酔科と精神科が休診です。▼NTT東日本東北病院は中程度までの患者に限って受け入れ、小児科と皮膚科は休診です。 ▽太白区では▼広南病院は脳疾患の救急の患者のみ午前8時30分から午後3時まで受け入れています。▼長町病院は軽症のみです。診療科は内科、小児科、外科です。毎週木曜日の夜間外来は内科のみで午後4時半から午後7時までです。 ▽泉区では▼仙台循環器病センターが内科、呼吸器科、消化器科、それに循環器科で受け付けています。▼泉病院は)軽症のみで、午前8時半から午後5時までです。 3月18日1時25分宮城県のまとめによりますと県内にある14の災害拠点病院の17日午後9時半現在で患者を受け入れられる病院は次の通りです。▼仙台赤十字病院▼白石市の立刈田綜合病院▼塩釜市の坂総合病院▼気仙沼市立病院▼東北労災病院は中程度の患者まで受け入れますが、救急の患者を優先します。診療科は平常通りです。 ▼栗原市立栗原中央病院は中程度の症状の患者は受け入れています。▼仙台医療センターは中程度以上の救急患者のみ受け入れます。一般の外来は受け付けていません。▼仙台市立病院は重い症状の患者を優先して受け入れています。仙台市にある▼東北大学病院は症状の重い患者や救急の患者を優先します。通常の外来は当面休診です。▼大崎市民病院は重症までの患者を受け入れていますが、救急の患者であることが受け入れの前提となっています。仙台市の▼東北厚生年金病院は予約患者の投薬のみ受け付けています。大河原町の▼みやぎ県南中核病院は救急の患者や通院歴のある患者 それに投薬を予定している患者のみの受付となっています。▼登米市立佐沼病院は軽い症状の患者は受け入れられます。▼石巻赤十字病院は、収容能力を超えたため患者の受け入れができなくなっています。ソース:NHK
宮城県のまとめによりますと県内で日帰りで入浴できる温泉施設は次のとおりです。入浴料は施設によって異なります。 ・宮城県内の日帰り入浴が可能な施設をお伝えします。電話取材などで確認がとれた所をご紹介します。燃料やシャンプーなどが不足していたり、混雑の状況などで時間や使える施設に変更の可能性がありますので、ご注意ください。仙台市内は▼青葉区の作並温泉一の坊は20日から午前10時から午後3時30分まで、1日500名限定です。電話は022―395―2131ですが現在つながりません。ホームページでご確認ください。▼都の湯は午前10時から午後6時まで。電話は090―7664―8856まで。▼泉区の温浴施設汗蒸幕の湯は午前10時から午後6時まで、午前9時30分から整理券を配布します。1日560名限定です。電話は022―776―7077です。▼太白区秋保の二口温泉ばんじ山荘は、午前9時から午後7時30分まで。電話は022―399―2816です。白石市の小原温泉です。▼旅館かつらや は、午前8時30分から午後8時まで。電話は0224―29―2121です。▼ホテルいずみやは、正午から午後6時まで。電話は0224―29―2221▼白石湯沢温泉の旅館やくせんは、午前10時から午後7時まで。電話は0224―29―2620です。▼白石温泉薬師の湯は午後1時から午後6時まで。電話は0224―48―4126です。蔵王町の遠刈田温泉です。▼源兵衛は午前9時から午後8時まで。電話は0224―34―2124です。▼バーデン家壮鳳は午前10時から午後5時まで。電話は0224―34―3161です。▼トスネット元気荘は午前9時から午後4時まで。電話は0224―34―1880です。▼寿の湯は午前9時から午後10時まで。電話は0224―34―1990です。▼神の湯は午前9時から午後10時まで。電話は0224―34―1990です。大崎市の鳴子温泉です。仙台から宮城交通、鳴子行きのバスが1日3便出ています。▼ゆさや旅館は午後1時から午後5時まで。電話は、0229―83―2565です。▼姥の湯旅館は午前9時から午後4時まで。電話は0229―83―2314です。▼大正館は、午前10時から午後5時まで。電話は、0229―83―2266です。▼ホテル扇屋は、午前10時から午後4時まで。電話は0229―83―3205です。▼東多賀の湯は午前8時から午後8時まで。電話は0229―83―3133▼旅館すがわらは午前8時から午後8時まで。電話は0229―83―2022です。▼鳴子パールホテルは午前11時から午後3時まで。電話は0229―83―2112です。▼ホテル紫雲峡は午前11時から午後5時まで。電話は、0229―83―3363です。▼国民宿舎ホテル瀧嶋は午前10時から午後7時まで。電話は0229―83―3054です。▼鳴子旅館は午前10時から午後5時まで。電話は0229―83―3820です。▼滝の湯共同浴場は午前7時30分から午後9時30分まで。▼早稲田桟敷湯は午前10時から午後4時30分まで。日帰り入浴が可能な入浴施設をご紹介しています。鬼首温泉です。▼旅館元湯は午前9時から午後5時まで。電話は0229―86―2238です。▼吹上温泉峯雲閣は午前10時から午後1時まで。電話は0229―86―2243です。▼とどろき旅館が午前10時から午後2時まで。電話は0229―86―2311です。▼かむろ荘は午前10時から午後3時まで。電話は0229―86―2301です。▼大新館は午前10時から午後5時まで。電話は0229―86―2822です。▼すぱ鬼首の湯は午前10時から午後5時まで。電話は0229―86―2493です。続いて川渡温泉です。▼藤島旅館は午前7時から午後11時まで。電話は0229―84―7412です。▼越後屋旅館は午前10時から午後5時まで。▼川渡共同浴場は午前6時から午前0時まで。▼板垣旅館は午前8時30分から午後8時まで。電話は0229―84―7225です。▼高東旅館は午前11時から午後3時まで。電話0229―84―7220です。▼玉造荘は午前10時から午後6時まで。電話は0229―84―6950です。▼ぬまくらは午前10時から午後6時まで。電話は0229―84―7253です。▼隆陽館は午前8時から午後8時まで。電話は0229―84―7207です。東鳴子温泉は、▼高友旅館は午前10時から午後4時まで。電話は0229―83―3170.▼勘七湯は午前9時から午後6時まで。電話は0229―83―3038です。▼旅館大沼は午前11時から午後2時まで。電話は0229―83―3052です。▼馬場温泉は午前11時から午後3時まで。電話は0229―83―3378です。▼阿部旅館は午前9時から午後5時まで。電話は0229―83―2053です。▼旅館紅せんは午前11時から午後2時まで。電話は0229―83―2491です。▼ホテルニューあらおは午前9時から午後10時まで。電話は0229―83―3062です。▼まつばら山荘は午前11時から午後6時まで。電話は0229―84―7707です。▼久田旅館は午前11時から午後5時まで。電話は0229―84―7639です。▼いさぜん旅館は午前10時から午後8時まで。電話は0229―83―3448です。▼旅館なんぶ屋は午前10時から午後4時まで。電話は0229―83―3437です。▼旅館中野温泉は午前9時から午後5時まで。電話は0229―83―2027 です。中山平温泉は▼仙庄館は午前10時から午後7時まで。電話は0229―87―1234です。▼しんとろの湯は午前9時から午後9時30分まで。電話は0229―87―1126です。▼旅館三之亟湯は午前10時から午後6時まで。電話は0229―87―2120です。▼なかやま山荘は午前10時から午後7時まで。電話は0229―87―2101です。▼鳴子らどん温泉は午前10時から午後6時まで。電話は0229―87―2323です。▼花渕荘は午前9時から午後4時まで。電話は0229―87―2146です。▼鳴子やすらぎ荘は午前8時から午後7時まで。電話は0229―87―2121です。▼琢琇は午前10時から午後7時まで。電話は0229―87―2216です。▼星の湯旅館は午前9時から午後9時まで。電話は0229―87―2311▼あすか旅館は午前10時から午後4時まで。電話は0229―87―2131です。色麻町平沢のかっぱの湯は午前9時から午後7時まで。電話は0229―65―4505です。ソース:NHK
宮城・仙台市ガス局からのお願い[3月18日10時36分]   仙台市ガス局によると、製造設備のある工場が、津波などの影響で大きな被害を受け、都市ガスの供給地域では、復旧のめどが立っていません。1ヶ月程で復旧するのは難しい状況だということです。都市ガスの供給を停止している地域の皆さんへ、ガス漏れなどの二次災害を防止するため、ガスの供給を停止しています。安全のため、器具栓、ガス栓、メーターガス栓をすべて閉めてください。安全のため、それぞれの家庭を順番に訪問し、家のメーターガス栓が閉まっているかを確認しています。作業終了の見通しは、今のところ未定です。ガスの供給開始にあたっては、ガス局の係員がそれぞれの家庭に伺い、ガス設備の安全を確認します。それまではガスを使用しないよう、お願いします。都市ガスの機器に、プロパンガスのボンベを接続することは、絶対にやめてください。ガスの種類が違うため、火災や事故の原因になります。ソース:NHK
仙台市は、人工透析を受けるための通院に車が必要な人に、ガソリンを優先的に給油できる証明書を発行することになりました。証明書を受け取るには、人工透析を受けている証明となる「更生医療受給証」か「特定疾病療養受療証」、または、病院の診察券を持って近くの区役所や総合支所で申請が必要だということです。ソース:NHK3月18日15時27分
【病院開業情報】3月18日17時33分 仙台市青葉区二日町にある、「伊藤病院」からのお知らせです。伊藤病院では、次の条件で外来の患者さんを受け付けます。対象は、外科と、整形外科の2つです。診療時間は、月曜・火曜・木曜・金曜が、午前9時から、午後5時までです。 また水曜日は、午前9時から、翌日の午前0時(深夜0時)まで、土曜日は、午前9時から、正午までです。いずれも、軽傷の患者さんのみ受け入れます。 なお、日曜日と、祝日はお休みです。
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○松島町災害ボランティアセンター  松島町高城字浜1-1(松島町B&G海洋センター)  TEL 022-353-3688  松島海岸公園の片づけ等のボランティアを募集しております。  ・活動内容:松島海岸公園の掃除などのお手伝い。  ・受付期間:3月19日(土)~3月21日(月)三日間  ・活動時間:9:00~16:00  ・条  件□身分証を提示できる方のみ受付いたします。運転免許証・保険証などの身分証を確認いたします。また、身分証は控えをとらせていただきます。□交通費・食費・報酬はありません。交通手段、宿泊場所は各自で用意してください。□宮城県社会福祉協議会のボランティア保険に加入していただきます。保険料に関しましては、松島町災害ボランティアセンターにて負担いたします。 ・必要なもの:身分証明書・軍手・タオル・帽子・長ズボン・長靴または、活動しやすい靴・弁当・飲料水・健康保険証など。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。○ 3月16日(水)【第5報】1 ライフラインについて・仙台・塩釜・富谷・岩沼の一部で復旧し始めています。2 災害ボランティアセンター設置状況仙台市宮城野区~災害ボランティアセンター設置、受付と調整を始めました。石巻市~石巻専修大学を拠点にボランティアセンターを立ち上げました。まだ、電気・電話も機材もないので、他市町村から来る際は、国道45号線の大渋滞に気をつけ、ガソリンや物資を余計に持ってきてくれることを望みます。七ヶ浜~ボランティアを募集しています。避難所を支援してくれる方々数人を随時求めます。燃料は充分に確保してお越し下さい。3 被災地から・津波により町全体が崩壊した「気仙沼・南三陸町・女川町」で被災した社協職員にようやく会うことができました。被災した職員も着のみ着のままで、懸命に住民の支援をしていました。※ボランティアを希望する皆様へ・ガソリンや物資については、県内での調達は困難です。現地入りの際は、ガソリンと物資に余裕を持ち、交通渋滞等にも充分注意願います。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○宮城県災害ボランティアセンター  仙台市青葉区本町3-7-4(県社会福祉会館)  TEL 090-6853-1863   ※安否確認については当センターでは行っておりません。 ※その他、関連情報は、最上部[お知らせ]アイコンをクリックして下さい。 [お知らせ]http://www.msv3151.net/any/999/list_oshirase.php○ 3月22日(火)【第10報】1災害ボランティアセンター設置状況・東松島市~災害ボランティアセンターを設置しました。・塩釜市~県外ボランティアの受入れ情報を追加しました。・名取市~県外ボランティアの受入れ情報を追加しました。○ 3月21日(月)【第9報】1災害ボランティアセンター設置状況・亘理町~災害ボランティアセンターの電話番号が変更になりました。     新しい電話番号は、080-4076-1906です。・七ヶ浜町~災害ボランティアセンターの電話番号が変更になりました。     新しい電話番号は、080-4076-1904です。○ 3月20日(日)【第8報】1災害ボランティアセンター設置状況・美里町~20日(日)から「美里町災害ボランティアセンターこごた・なんごう」を設置しました。小牛田・南郷それぞれの設置場所及び連絡先は上記のボランティアセンター設置状況でご確認願います。併せて、3月20日以降の美里町社会福祉協議会ホームページをご覧ください。・亘理町~亘理町武道館内に災害ボランティアセンターを設置しています。町内在住の方のみボランティア受入れをしています。2お知らせ・東北地方太平洋沖地震の津波被災地では、一般家庭や事業所から高圧ガスボンベが多数流出していますので、津波被災地でのガレキ撤去作業は十分注意して下さい。 なお、ボランティアで作業をするための準備については、上記からリンクできますのでご活用願います。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。○ 3月16日(水)【第5報】1 ライフラインについて・仙台・塩釜・富谷・岩沼の一部で復旧し始めています。2 災害ボランティアセンター設置状況仙台市宮城野区~災害ボランティアセンター設置、受付と調整を始めました。石巻市~石巻専修大学を拠点にボランティアセンターを立ち上げました。まだ、電気・電話も機材もないので、他市町村から来る際は、国道45号線の大渋滞に気をつけ、ガソリンや物資を余計に持ってきてくれることを望みます。七ヶ浜~ボランティアを募集しています。避難所を支援してくれる方々数人を随時求めます。燃料は充分に確保してお越し下さい。3 被災地から・津波により町全体が崩壊した「気仙沼・南三陸町・女川町」で被災した社協職員にようやく会うことができました。被災した職員も着のみ着のままで、懸命に住民の支援をしていました。※ボランティアを希望する皆様へ・ガソリンや物資については、県内での調達は困難です。現地入りの際は、ガソリンと物資に余裕を持ち、交通渋滞等にも充分注意願います。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○仙台市宮城野区災害ボランティアセンター  仙台市宮城野区新田東4-1-1(新田東総合運動場)  午前9時~午後3時  TEL 022-231-1320  ※災害ボランティアご希望の方は直接ボランティアセンターにお越し願います。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。○ 3月16日(水)【第5報】1 ライフラインについて・仙台・塩釜・富谷・岩沼の一部で復旧し始めています。2 災害ボランティアセンター設置状況仙台市宮城野区~災害ボランティアセンター設置、受付と調整を始めました。石巻市~石巻専修大学を拠点にボランティアセンターを立ち上げました。まだ、電気・電話も機材もないので、他市町村から来る際は、国道45号線の大渋滞に気をつけ、ガソリンや物資を余計に持ってきてくれることを望みます。七ヶ浜~ボランティアを募集しています。避難所を支援してくれる方々数人を随時求めます。燃料は充分に確保してお越し下さい。3 被災地から・津波により町全体が崩壊した「気仙沼・南三陸町・女川町」で被災した社協職員にようやく会うことができました。被災した職員も着のみ着のままで、懸命に住民の支援をしていました。※ボランティアを希望する皆様へ・ガソリンや物資については、県内での調達は困難です。現地入りの際は、ガソリンと物資に余裕を持ち、交通渋滞等にも充分注意願います。ソース:http://www.msv3151.net/index.html
◆◆◆ボランティアさんへのお願い◆◆◆ 「高圧ガスボンベが多数流出しています!」  ~津波被災地でのガレキの撤去作業は十分注意して下さい~ (1)流出したガスボンベからガスが漏れている可能性があり危険ですので、路上等でボンベを発見した場合は、できるだけ近寄ったり、触れたりしないようにしてください。 (2)また、ガレキの中や土砂に埋もれている可能性が十分考えられますので、ガレキ撤去作業などでボンベを発見した場合は、乱暴に取り扱う事は止め、他のガレキと区分して保管するようお願いします。 (3)なお、ボンベの種類によっては、空気中に漏れだすと発火(爆発)する恐れや、一部毒性による健康障害を与える恐れもありますので、慎重な取扱いをしてください。 ○撤去したガスボンベは、ガレキ撤去作業場所毎にまとめて保管して下さい。 ※ボランティアで作業をするための準備については、こちらを参考にしてください。 http://rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf・ボランティア支援に入る際は往復のガソリン、宿泊所、食事を必ず確保してお越しください。 ○石巻市災害ボランティアセンター  石巻市南境新水戸1(石巻専修大学 5号館)  午前9時~午後3時  TEL 0225-22-7711  ※災害ボランティアご希望の方は直接ボランティアセンターにお越し願います。○ 3月19日(土)【第7報】1災害ボランティアセンター設置状況七ヶ浜町~19日(土)から災害ボランティアセンターの設置場所が屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内(七ヶ浜町中央公民館となり)に変更になります。併せて、電話番号も090-1496-0177に変わりました。仙台市太白区~19日(土)から太白区災害ボランティアセンターが開設されます。開所時間やボランティアに関する情報の詳細については、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。大崎市~災害ボランティアセンターの設置情報を掲載しました。本部の他、地域サブセンターの情報もありますので、トップページの災害ボランティアセンター設置状況で確認願います。2お知らせ・津波のため特に被害が大きかった沿岸部では、食料が充分に行き届かないとともに、衣類(服、肌着、下着、靴下など)が欲しいという希望が多い状況です。・ここ数日の冷え込みもあり、インフルエンザの流行が心配されます。被災地へ支援に向う職員やボランティアについても、必ずマスクを着用して予防に努めることが大切です。○ 3月18日(金)【第6報】1災害ボランティアセンター設置状況 名取市~名取市民体育館に設置しています。できれば、センターに自転車で来れるボランティアを募集しています。松島町~松島町B&G海洋センターに設置しています。19日~21日の松島海岸公園清掃でのボランティアを募集しています。募集内容の詳細は、トップページのボランティアセンター設置状況でご確認ください。塩釜市~塩釜市交流センターエスプ内に災害ボランティアセンターを設置しています。柴田町~柴田町地域福祉センター内に設置。町内限定でボランティアを募集中です。2 お知らせ・17日の仙台市若林区災害ボランティアセンターでは、多くのボランティアが集まり活動希望者の受付を一時中止しましたが、18日午前からボランティア活動希望者の受付を再開しました。・甚大な被害となった気仙沼・南三陸方面では、途中の45号線のトンネルが開通したものの、電気・水道・ガス等のライフラインの復旧が進まず、ボランティアが入ることが困難な状況が続いています。○ 3月16日(水)【第5報】1 ライフラインについて・仙台・塩釜・富谷・岩沼の一部で復旧し始めています。2 災害ボランティアセンター設置状況仙台市宮城野区~災害ボランティアセンター設置、受付と調整を始めました。石巻市~石巻専修大学を拠点にボランティアセンターを立ち上げました。まだ、電気・電話も機材もないので、他市町村から来る際は、国道45号線の大渋滞に気をつけ、ガソリンや物資を余計に持ってきてくれることを望みます。七ヶ浜~ボランティアを募集しています。避難所を支援してくれる方々数人を随時求めます。燃料は充分に確保してお越し下さい。3 被災地から・津波により町全体が崩壊した「気仙沼・南三陸町・女川町」で被災した社協職員にようやく会うことができました。被災した職員も着のみ着のままで、懸命に住民の支援をしていました。※ボランティアを希望する皆様へ・ガソリンや物資については、県内での調達は困難です。現地入りの際は、ガソリンと物資に余裕を持ち、交通渋滞等にも充分注意願います。ソース:http://www.msv3151.net/index.html